人数が多いほど、ゴタゴタが付き物です。表では仲が良いふりをしていても、本当はいがみ合っていたりするところが多いように、

職場の人間関係というのは、どこの職場でも似たり寄ったりだと思いますが、人数が多いほど、ゴタゴタが付き物です。表では仲が良いふりをしていても、本当はいがみ合っていたりするところが多いように、職場の人間関係は正にマウンティングの戦場です。
女性が多い会社ですと、特にマウンティングの場所になります。恋人のレベルであったり、仕事の実力、更には会社のトップなどにどれだけ気に入られているのかを密かに探り合い、自分が一番優れていることを知ろうとしたり、アピールするマウンティング集団と化します。
また、年齢を問わずにグループという名の派閥もあります。仕事ができる華やか組と仕事ができない組、家庭の方を優先するグループ、不真面目組という風にわかれるのが通常のパターンです。
自然と自分はどのグループにいるのかを判断し、他のグループの人と仲良く話していると裏切ったというような噂をたてられたりしてしまいます。職場の人間関係というのは、学校と同じように面倒であり、それに加えてパートナーのことや家庭のことなどもマウンティングの道具として使われたりしますし、味方だった人が実は裏で蹴落とすように仕掛けていたりしますので、職場の人間関係は浅く関わるようにすることが大切です。

その上下関係はというと、一番上にかなり長期間働いていて、税理士の先生にすら意見できるような、お局的存在の女性か一名いて、他の3人は多少の上下はあるものの、同じぐらい。

私は今は専業主婦として、働いていませんが、前々回働いていた所で、人間関係について悩んでいました。個人の税理士事務所で、税理士さんが4人いて、その他に事務の女性の方が私を含め、5人いました。私が悩んでいたのは、その女性間の人間関係でした。
その上下関係はというと、一番上にかなり長期間働いていて、税理士の先生にすら意見できるような、お局的存在の女性か一名いて、他の3人は多少の上下はあるものの、同じぐらい。私が一番新しく入り、下っ端でした。初めは優しくしてくれていたのですが、途中からは、初めての事を聞いても、ため息をつかれ、こんな事も分からないのかという雰囲気で答えられました。休憩時間も、小さな部屋で、みんなでお弁当。全員がそこで食べるので、外に出られる雰囲気でもなく、息がつまりそうでした。
毎日毎日仕事に行くのが憂鬱で、ため息ばかりついていましたが、ある日、税理士の先生に呼び出され、理不尽な事で怒られました。なので、正直にそのお局の女性と合わない事を言いましたが、下っ端の私より、全ての仕事を把握している、その女性の方が会社にとっては大切だからという事でした。なので、もうすぐにでもそこを辞める事に決めました。
その後スキルアップの為にパソコン教室に通い、一年後に次の食品会社に勤務しましたが、そこはかなり大きな会社で、事務の人だけでもかなりいたのですが、それでもいい人ばかりで、人間関係に悩むこともなくなりました。今は子供が産まれて、退職してしまいましたが、人間関係でこれだけ気持ちも変わるのだと思いました。あの時前の会社を退職し、次の会社を選んで良かったです。

自分と直接的に関わる人はもちろん、その周りの上司や後輩達の関係まで把握しておかなければなりません。

職場の人間関係は、非常に複雑です。ドラマの番組サイトには必ず登場人物の相関図が描かれていますが、職場の人間関係を相関図に示したらドラマ以上にあちこちに矢印が描かれるはずです。特に、女性を中心とした職場の場合は[同僚]や[先輩]のような簡単な説明では済まされない複雑な人間関係になるでしょう。
職場の人間関係というのは自分と直接的に関わる人はもちろん、その周りの上司や後輩達の関係まで把握しておかなければなりません。例えば、上司の2人は上辺は仲良さそうに見えるけれど実は敵対する仲だとか、上司の更に上の人達からどのような評価を受けているかなども知っておく必要があります。どちらの上司に付いた方が得策かということを事前にリサーチできていたら、いざという時に自分の身の振り方に迷うことはないからです。
私が働いていた職場は女性中心だったので、人間関係を知れば知るほど恐ろしくなりました。こんなに上手くやってそうに見える人たちも、実は影ではお互いの悪口を言い合ってるんだと聞いてしまったり、何事もないように見えていがみ合っている上司らがいたり。そんな事を知らない方がよかったと思う反面で、知っていないと自ら地雷を踏む危険性もあるということを考えると見過ごせないのが会社の人間関係ではないかと思います。

入ってやると上のものが下のものを評価し、気に入らなければ評価を下げ職場から消していくようなことが現実に行われていました。

職場の人間関係は基本的によいところを知りません。どこの職場でも人間関係はよく和気あいあいとした職場ですなどと求人では広告されています。私が入職した職場もそれと同じでした。しかしながら、入ってやると上のものが下のものを評価し、気に入らなければ評価を下げ職場から消していくようなことが現実に行われていました。悲しい現実ですが入職してから三分の一の新入社員は職場を去りました。退職の理由には身体的理由や家族の都合なんてのを挙げていると謳っていますが、本人にメールで聞くと、先輩からきつい言葉で指導を受け、精神的に追い詰められたや無視されるようになったなどが聞かれました。退職者の真の理由も歪められているのです。きっと次の新入社員の募集の時は離職率の改ざんなどが平気で行われるのでしょう。
人間関係のよい職場は存在しないということが私の持論です。逆に人間関係がよい職場というものを見たことがないのです。どこの世界でも結局は人は他人を煙たがって生きています。自分はそうではないと思っているかもしれません。しかし、それは他者も同じという証明はないのです。
生きていく上で、他者から煙たがられないということはない、そう思えれば吹っ切れて生きていけるかもしれません。

フランクで、少人数で回しているような会社であれば結束力が高くなる分、仲良くなることができる可能性も高まるでしょうし、逆に

職場の人間関係は、学生時代のゆるやかな友人関係、気兼ねなく話すことのできる家族関係などとは違って、どう立ち振る舞うかによって自分のポジションや昇進にも関わってくるものだと思います。
そのため、まず会社で友人を作るといったことはなかなか難しいのではないかと私は考えています。
同年代が集まるような職種であればまた別でしょうが、年齢層が偏りがちな職場では、プライベートで一緒に遊びに行くといったような関係になることはまず難しいでしょう。

また、職種や業種、その会社における雰囲気によっても、かなり人間関係の在り方は変わってくるものと思われます。
職場がフランクで、少人数で回しているような会社であれば結束力が高くなる分、仲良くなることができる可能性も高まるでしょうし、逆に大手銀行や名の知れた企業で、少し硬めの職種であれば、ざっくばらんに胸の内を打ち明けることができるような仲の友人や上司を作ることはなかなか難しくなってくるのではないかと思います。

私の会社では、ある種の派閥のようなものがいくつかできており、そのため殺伐としている部署もいくつか見受けられます。
私自身がいる部署はどちらかといえば和やかで、気の置ける友人も何人かいますが、小さな企業なので、やはり職場で友人を作ることができるかどうかは会社の雰囲気や社員の人数によるのではないかと思います。

現在私は看護師として、小規模の訪問看護事務所に所属しています。

現在私は看護師として、小規模の訪問看護事務所に所属しています。
所長は看護師ではなく、理学療法士(リハビリを行う職種)なのですが、雇っている看護師たちとは業務以外の会話をすることがなく、私たち看護師に対して無関心ともとれる態度です。
一方で看護師たちはそんな所長に対し、「相応な給料を払ってくれていない。」「看護師は人を相手にする仕事なのに、それをわかっていない。理学療法士ごときには理解できないのか。」「看護師がどれだけプレッシャーを抱えて仕事をしているのかわかっていない。そんな人間のもとで働くのはいやだ。」と常々愚痴をいいながら仕事をしています
。ですが、実際に会った時には一切表に出すことなく、見方によっては媚びているようにすら見える態度で話しかけています。この職場にきて間もない私は、この非常に奇妙な人間関係を外から見守るように(極力関わらないように)仕事をしています。
この職場では、大抵の職場であるような「忘年会」や「歓迎会」などは一切なく、職員同士で飲み会の約束などをしている様子もありません。仕事自体は楽しいのですが、こういった人間関係に対して強い息苦しさを感じながら日々業務をこなしています。職場に置いて人間関係がこんなに大事なものだったとは…と転職をしたことに対して後悔せずにはいられないのでした。

ストレスを抱えずに過ごすことを第一にしたい場合は、「事なかれ主義」のスタンスが一番です。

何かと悩みやトラブルが尽きない、職場での人間関係。何を重視するかによって、人間関係の場面で適した行動は変わってきます。
職場でストレスを抱えずに過ごすことを第一にしたい場合は、「事なかれ主義」のスタンスが一番です。上司の命令には基本的にイエスマンを貫きます。叱られても素直に受け入れます。同僚との会話でも同意を基本にします。もし誰かの陰口の話になれば、それとなく同意も否定もしない姿勢を通しましょう。決して自ら誰かの陰口を発信してはいけません。このように敵を作らないことによって、職場での人間関係によるストレスを最小限に抑えることができます。その代わり頼らないと思われたり影が薄くなりがちで、重要な仕事を任せて貰えなかったり、出世に影響が出る場合も多いのがデメリットです。
上記のように自己を抑える事の方がストレスである場合、自分の正義を貫き通すと良いと思います。ただし、職場というものには必ず自分の意見とは相反する人が存在し、正義を貫くことが茨の道になることも少なくありません。茨の道となった人間関係に疲れて職場を離れて行った人を私は何人も見てきました。しかし、その道を駆け抜けた先には職場での厚い信頼があり、後ろを振り返ると自分についてくる人々が多数存在することでしょう。
自分の性格や適性、職場で目指すものによって最適な人間関係を構築できると良いですね。

だけど何度も頑張ってみるけどソリが合わないのがオチです

職場での人間関係は一度崩れるとそう簡単には戻りません
だけど何度も頑張ってみるけどソリが合わないのがオチです
そのあとその仕事場で長く働こうとは思いません
上司をきっといびってくると思うのでそれに耐えるのは大変だともいます
学生の頃友達とうまく関わり友達がたくさんいた方はきっと部下にも上司にも好かれるとおもいます
反対に友達があまりいなく孤立していた方は上司や部下に嫌われる対象となると思います
自分の歩んできた人生が職場などでの人間関係にものすごく関わってくると私は思いました
私もあまり上手くない方なので1人で空回りしてしまいます
どのようにすれば人間関係をよく保てるのでしょうか
きっと長年の課題だなと思います
女性は男性の上司や部下と頻繁に話しているとあまり良い印象は与えず女性特有のこそこそ話で孤立させていくのかなと思います
女性同士の方が働きにくいのかなと思います
外見は仲良く見えても案外裏で嫌いなんだーなど言ってるかなも多くないと思います
男性の場合は喧嘩で一度ぶつかれば終わりだけど女性はねちねちしているのでそんな訳にはいきません
本当に世あたり上手の方が人間関係をよくたもっていくのかなと思います
私的にはこんなマイナスな部分しか浮かびません。

事務室には、所長、上司が一人で私を含めて計3人です。

私は現在飲食の工場で事務の仕事をしています。事務室には、所長、上司が一人で私を含めて計3人です。その全員が男性ということ、また少数ということもあり事務室内の人間関係は非常に良好です。3人で食堂に昼食へ行くこと、また休みの日にゴルフに出かけるということもあります。問題なのは、私の職場の現場作業者の人間関係です。中規模ば工場ですので、作業者は計25名ほどです。男女比は、男2に対して、女性が8と女性が圧倒的に多いです。私個人として職員の方と関わる分には特になにもありませんが、現場内ではギスギスした雰囲気で仕事をしていることが多々あります。
数で劣る男性陣は、女性の言いなりという感じで、女性人に対して歯向かう姿を見たことがありません。また、男性陣は少数ということもあり、お互いが気を使いあいながら仕事をしているので仲が悪いという感じはありません。問題なのは女性人です。女性特有といったら語弊があるかもしれませんが、どうしても仲の良い女性同士等でグループを作っています。今のところ大きく2つのグループに分かれ、食事をとる時も、くっついて食べればいいところ、わざわざ席を一つ飛ばして、座り食べています。また、表面上は普通に話しているように見えますが、陰でグループの方と悪口を言っているのもよく目にします。
最もひどいのが忙しいときで、どうしても人間ですので、忙しいとピリピリしてしまいます。しかし、それをなすりつけあいぶつかり、ギスギスした雰囲気になっています。そうなると男性陣はいつも以上に委縮してしまいます。そんな職場を見ていると少し、私も嫌な気持ちになります。

数が少ないと、社員間でコミュニケーションが取りやすく、社内で連携して動きやすいというメリットがあります。

私の会社は従業員が100人程度の小さな会社です。数が少ない分、社員間でコミュニケーションが取りやすく、社内で連携して動きやすいというメリットがあります。ただ一方で、社員同士の「合う・合わない」により仕事のしやすさが左右されるというデメリットもあります。また、勤続年数が長い職員が多く、中堅社員や新人写真が少ないため、時代錯誤な考え方をしたり、一方的に仕事の進め方を押し付けたりする職員が多数います。そのため、能力ある社員が入職しても、先輩や上司の姿勢に失望し、退職してしまう職員が多くあり、一向に職場環境が良くならないという悪循環に陥っています。職場における人間関係の問題は、どの会社でも当たり前に存在するものですが、やはり職員の勤続年数や年齢層はある程度偏りがない職場の方が、仕事を進める上では有効である気がします。職場内の人間関係をより良いものにするためには、適切な人事や人員配置のみならず、日ごろから風通しの良い雰囲気作りを上司が積極的に進めていくことが重要です。若い社員の固定観念に縛られない発想力は、職場の人間関係を良好にし、ひいては会社のさらなる発展に寄与する可能性を秘めています。新入社員に対する研修だけでなく、ベテラン職員に対する研修にこそ力を入れていく必要があるのではないかとひしひしと感じます。

営業、工場作業員、人の管理など。本当にいろいろな考えの人がいるなと思います。

自分はいろいろな仕事を経験してきました。営業、工場作業員、人の管理など。本当にいろいろな考えの人がいるなと思います。どの業種、どの職場にも人間関係の悩み、トラブルは必ずあります。それは仕方のないことだし、当然のことです。年齢、性別、環境の違いなど、いろいろな人がいるので当然意見が合わずもめたりすることはあります。意識が高い人、低い人、やる気のある人、ない人など。どんなに業績のいい会社でもこの問題はあるはずです。ただ、今の時代、いいなとおもうことは、昔のように上司の意味のわからない根性論みたいなのが少なくなってきていることです。あれはホントに意味がないし、今やればなんとかハラスメントですぐに処罰されるはずです。昔のように飲みに行ったり連れまわされることも少なくなり、自分の時間が作れていいと思います。今、職場の人間関係で悩んでいる人がいるとしたら僕はこう言いたいです。嫌ならすぐに辞めればいい。今は昔よりも企業しやすくなったし、自宅で出来る仕事も増えています。嫌なことをしている時間は人生においてないはず。夢があって我慢しなくてはいけないわけではないのであれば辞めればいい。職場の嫌な上司や同僚の気持ちを変えることは絶対に出来ない。我慢するか辞めるかしかない。

「しっかりと挨拶や返事をする」「常に笑顔をこころがける」誰にでもできるこんな簡単なことだけで

職場の人間関係が上手くいくかどうかで毎日の気分は180度変わります。どこの職場でも必ず人間関係のトラブルがあるといっても過言ではありません。退職理由の大半は人間関係の悪化です。それではどうしたら人間関係が上手くいくのか?人間関係が悪くなる原因が自分にあるのか周りにあるのかを考えます。たいていの場合は自分を改善することで人間関係の悪化を食い止めることができます。例えば、「しっかりと挨拶や返事をする」「常に笑顔をこころがける」誰にでもできるこんな簡単なことだけで人の気持ちは変わります。自然と相手にも伝染して、職場の雰囲気も良くなるはずです。もちろんそれだけですべてが改善されるわけではありませんが、大きな要因と言えるでしょう。また、その他にも「人の悪口を言わない」「八方美人をやめる」「空気を読む」「見た目で人を判断しない」など細かい要因はたくさんあります。もちろん、あなただけに要因があるわけではありません。むしろあなたには要因が無く、周りの人に要因があるのかもしれません。しかし、要因となり得るものを一つ一つ取り除いていくことで人間関係は必ず改善され、良い方向に向かうはずです。あなたに要因が無い場合でもその行動はきっと周りの人に伝わるはずです。

価値観が違う人たちの集まりなので、衝突や意見が合わない人がいるのは当たり前のことです。

職場では、仕事を進めることを前提として働いているので、人間関係で悩んだことはほぼありません。職場は価値観が違う人たちの集まりなので、衝突や意見が合わない人がいるのは当たり前のことです。それを自分の感情を優先にして、自分と合う人だけを集めて仕事をするのであれば、それはただの仲良しクラブです。そこからは、何も革新的なものは生まれません。異なる意見を出し合い、調整しながら進めて行くことで、よりよいものが成果として出来上がります。そう考えていくことが、社会人として大人な対応なんだと思います。以前、良い雰囲気の職場にするため、同じ職場のメンバーは、公私ともに仲良くなくてはいけない!という考えの女性がいました。何かとプライベートを詮索されり、頻回にご飯に誘われたりしました。私はそういうのはあまり好きではないので、当たり障りのないように返していましたが、それが気に食わなかったのか、態度が良くないとキレられました。その場は何とか収束しましたが、その事は上司にも報告されました。そのことか、原因かはわかりませんが、その女性はまもなく違う職場へ異動になりました。公私混同、私情を仕事に挟むことは、職場の人間関係で悩む最大の原因だと悟り、それ以来はビジネスライクにドライに付き合うようにしています。

仕事は順調でとても楽しかったのですが4人で1つの仕事をするというチームワーク制の仕事をしていました

職場の人間関係でとても悩んだことがありました。仕事は順調でとても楽しかったのですが4人で1つの仕事をするというチームワーク制の仕事をしていました。その中で1番若い女の子がとても自己中心的で一緒に仕事をしていてとても腹立つことが多く、毎日耐えていました。
入社した時がほぼ同時期だったので、年下なのですがものすごく態度がでかく、少し子供っぽい所がありました。自分が1番仕事ができる人じゃないと、耐えられない性格の女の子でした。

自分が1番仕事ができる人だとアピールするために、周りの人をとにかく蹴落とすのです。人の仕事を勝手に奪い、自分は仕事がよくできると上司にアピールしていて他のメンバーは彼女の自己中な行動に限界がきました。チームプレーが全くできないのでみんな限界でした。
一緒に仕事を始めて4年間経ったある日、ついに同じ仕事をしていたメンバーがついに爆発しました。その女の子についてどう思っているのか他の3人で話し合う機会があり、みんなで話した結果、全員が耐えられないと答えました。3人の意見が一致したので、次の日から3対1で対立する関係になってしまいました。

重苦しい空気の中いつも通り仕事が始まりましたが、さすがに彼女は私たちの態度がおかしいと気づいたのが仕事中に突然大泣きをし始めました。上司に、私達3人にいじめられてると訴えたみたいですが、日ごろの行いを見ていた上司は私たちの目を見るだけでどちらが正しいのかすぐに悟ってくれました。
そして彼女は4年間やっていた仕事から外され、他の部署へ移動しました。新しい部署先でもすぐにトラブルになっていたので、今までよく私たちが堪えていたと思いました。職場の人間関係がすっきりしたので、やっと楽しく仕事ができるようになり安心しました。

まずは挨拶を元気よくすることを心がけるといいです。おはようございますやお疲れさまでしたをしっかり言うようにしましょう。

職場には自分にとって苦手な人が必ずといっていいほど存在します。避けることができればいいのですが、仕事を進めていくうえで付き合わなければいけないため、毎日顔を合わせなければいけないことがあります。仕事にいくのが億劫になりますが、給料を手に入れるため仕方がありません。嫌だからといって無視をしていては、人間関係がさらに悪くなり、職場内での評価が下がってしまいますので、まずは挨拶を元気よくすることを心がけるといいです。おはようございますやお疲れさまでしたをしっかり言うようにしましょう。当たり前に聞こえるかもしれませんが、意外とできていないものです。それから、自分が行う仕事を効率的に、創造的に行うことを心がけましょう。仕事に没頭していれば、一時は人間関係について忘れることができますし、もしその仕事が一定の効果を上げることができれば周りから一目置かれます。仕事のできる人間は会社から必要にされますし、仕事のできる人間には周りから人が寄ってきて、人間関係が改善される可能性があります。仕事ができる人間になるために、日頃から努力を怠らないようにしましょう。また、仕事上の関係ですので、ほどよい距離感をとって付き合うようにしましょう。