現在私は看護師として、小規模の訪問看護事務所に所属しています。

現在私は看護師として、小規模の訪問看護事務所に所属しています。
所長は看護師ではなく、理学療法士(リハビリを行う職種)なのですが、雇っている看護師たちとは業務以外の会話をすることがなく、私たち看護師に対して無関心ともとれる態度です。
一方で看護師たちはそんな所長に対し、「相応な給料を払ってくれていない。」「看護師は人を相手にする仕事なのに、それをわかっていない。理学療法士ごときには理解できないのか。」「看護師がどれだけプレッシャーを抱えて仕事をしているのかわかっていない。そんな人間のもとで働くのはいやだ。」と常々愚痴をいいながら仕事をしています
。ですが、実際に会った時には一切表に出すことなく、見方によっては媚びているようにすら見える態度で話しかけています。この職場にきて間もない私は、この非常に奇妙な人間関係を外から見守るように(極力関わらないように)仕事をしています。
この職場では、大抵の職場であるような「忘年会」や「歓迎会」などは一切なく、職員同士で飲み会の約束などをしている様子もありません。仕事自体は楽しいのですが、こういった人間関係に対して強い息苦しさを感じながら日々業務をこなしています。職場に置いて人間関係がこんなに大事なものだったとは…と転職をしたことに対して後悔せずにはいられないのでした。