私と同時に、35歳の方も中途として入社し、同じ営業所に配属されました。中途入社組と、営業所の所長の関係性について、書こうと思います。

私は、男性、営業職として働いておりますサラリーマンです。私は、2年前転職し、新しい会社に入社しました。私と同時に、35歳の方も中途として入社し、同じ営業所に配属されました。中途入社組と、営業所の所長の関係性について、書こうと思います。
結論から申しますと、私たちは、所長のことを所長として扱わず、かす扱いしております。その理由として、1点目は営業力の点です。営業は、当然ながらノルマを達成して当たり前の仕事です。入社して、1年がたったころには、私たち中途入社組よりも数字をあげることができない。それは非常に情けないことです。2点目は、人として信頼できず、仕事の相談ができないことです。仕事の件で、同行をお願いし、お客様先に行っても、逆にお客様を怒らせてしまい、商談をがうまくいかず、バツになってしまいました。管理職として、人と接することができず、一般社員以下の対応しかできない。
3点目に、お客様に集金に伺い、回収した小切手をなくしました。車に乗せて、営業所に持って帰ってくる。その単純な作業ができないのです。

このような点から、私たち中途入社組は、営業所の長のことを信頼できず、なめております。所長も何も言えず、ひねくれております。