もしイジメが酷くなってきてしまった場合は、ボイスレコーダーで自身が被害者であるという証拠を残しておいてください。

学校と職場というのは本当によく似ていて、人間関係についてもほぼ同様だと考えて頂いて間違いありません。つまり、これまで学校生活が上手くいっていたという場合は、そのまま会社でもどうにかなる事が多いです。ただ、その一方で、もしイジメられている等、上手くいかない事が多かったのなら、職場でも被害者になってしまう可能性が高くなります。学校ほどではありませんが、職場もイジメの場になっていますので、くれぐれも注意する様にしてください。

もしイジメが酷くなってきてしまった場合は、ボイスレコーダーで自身が被害者であるという証拠を残しておいてください。これがあると後の裁判で圧倒的に有利になります。ただ、その前の段階で対処したいと考えているのなら、ターゲットにならない様な対応をする必要があります。大切なのは早い段階で仲間を見つけておくという事です。人間というのは弱い人をターゲットにするという性質がありますので、群れていればその心配が少なくなります。

2人よりも3人、多ければ多いほど理想的です。そうなれば被害者になる心配は無いですが、今度は自分が加害者になってしまう可能性が出てきますので、その段階に辿り着くことができたのなら、今度はそうならない様にするのが肝要です。