面接をしてもらって受かればもちろん就職しましたが、働いて3日もすれば

求人誌を見て職探ししていると「人間関係が良い職場です」とアピールしている会社があります。でも人間関係が良い会社だとアピールしている会社に限って人間関係が悪かったりするんですよね。本当に人間関係が良い職場は滅多に求人誌に出てきませんよ。だいたい人間関係が悪く、人が入ってもすぐ辞めていく会社が常連のように求人誌に載ってます。

これに気づくようになったのは最近のこと。昔は人間関係が良い職場だと書いてあれば真に受けてました。面接をしてもらって受かればもちろん就職しましたが、働いて3日もすれば人間関係の悪さから後悔ばかり。こんなに人間関係が破綻しているなら人間関係について触れなければいいのに、わざわざすぐにバレる嘘を書くから人が定着しないんです。

職場の人間関係は言うまでもなく大事。仕事内容はだいたい分かった上で働いてみたいと思うのだから、退職の原因は仕事が大変なのではなく単純に人間関係の悪さ。仕事に疲れてヘトヘトになるんじゃなく人間関係に疲れてヘトヘトになっているのです。私の場合、退職理由はだいたい人間関係の問題。

良い企業に勤めれば少しは良いでしょうが、誰でも雇ってもらえるような職場の人間関係は特に難しいです。