私が一番気をつけている事は、なるべく自分の本心を出さないという事です。例えば、

職場の人間関係で、私が一番気をつけている事は、なるべく自分の本心を出さないという事です。例えば、話がダラダラと長く喋るおばさんがいたとして、身内であれば、早く結論を言ってくれよと言いたい時でも、そんな事は絶対に言わず、黙って優しく聞き役に徹するという事です。他には、独り言がやたら大きい上司が隣に座っていても、その独り言やめてもらえますか、私の仕事に集中出来ませんとは、絶対に言わないという事です。さらには、小さい嘘を平気でつく職員が、同じ職場にいたとしても、大きい声で、小さい嘘ばかりついてないで、真面目に仕事をしろとは、決して怒鳴らないという事です。つまり、自分の本心を上手くカムフラージュしながら、自分の意思を穏やかに伝えていく事が大切という事です。それと同時に大切なのは、自分の意思を素直に率直に伝えられないからといって、決して自分自身が我慢している事ではないという事を理解する事が大切です。自分の意思を伝えられない事=我慢とするのではなく、自分の意思を上手に伝える練習をしているのであり、さらには、自分が感じるマイナスの感情を、いかにプラスに捉えるかという練習をしているというふうに考える訓練をしているというように考える事が大切という事です。