話しやすい同僚や、好意を寄せているような上司、または後輩がいたとしても、学生の頃のように距離を縮めると仕事に支障を与えてしまうこともあります。

職場での人間関係には、ある程度の距離感が必要です。話しやすい同僚や、好意を寄せているような上司、または後輩がいたとしても、学生の頃のように距離を縮めると仕事に支障を与えてしまうこともあります。
職場では、みんなが同じ企業目標に向かって仕事をやり遂げる目的があります。その目的が遂行されるのであれば、深い絆で結ばれるような人間関係は不要です。職場の社員全員が深い絆で結ばれて、お互いに全てをさらけ出して本音で話し、理解し合えるのであればとても良いことです。しかし、実際には職場にはさまざまな性格の人が在籍しています。踏み込んで、腹を割って話すことが苦手な人もいます。そして、数多くの生活環境や育った環境が異なる社員が在籍しています。その中で全ての人が仲良くできるのは非常に困難です。
何事も包み隠さずに、本音で話すことにより、相手がどう受け止めるかは人それぞれ異なります。それが良い意味で受け止めてもらえると非常に良いですが、誤解をしたり、良く思わなければ問題です。
そこで、職場の人間関係は、ある程度の距離を取ってコミュニケーションを取ると良いです。そうすることにより、多くの性格の人と長く仲良く良好な関係を持つことができます。