ストレスを抱えずに過ごすことを第一にしたい場合は、「事なかれ主義」のスタンスが一番です。

何かと悩みやトラブルが尽きない、職場での人間関係。何を重視するかによって、人間関係の場面で適した行動は変わってきます。
職場でストレスを抱えずに過ごすことを第一にしたい場合は、「事なかれ主義」のスタンスが一番です。上司の命令には基本的にイエスマンを貫きます。叱られても素直に受け入れます。同僚との会話でも同意を基本にします。もし誰かの陰口の話になれば、それとなく同意も否定もしない姿勢を通しましょう。決して自ら誰かの陰口を発信してはいけません。このように敵を作らないことによって、職場での人間関係によるストレスを最小限に抑えることができます。その代わり頼らないと思われたり影が薄くなりがちで、重要な仕事を任せて貰えなかったり、出世に影響が出る場合も多いのがデメリットです。
上記のように自己を抑える事の方がストレスである場合、自分の正義を貫き通すと良いと思います。ただし、職場というものには必ず自分の意見とは相反する人が存在し、正義を貫くことが茨の道になることも少なくありません。茨の道となった人間関係に疲れて職場を離れて行った人を私は何人も見てきました。しかし、その道を駆け抜けた先には職場での厚い信頼があり、後ろを振り返ると自分についてくる人々が多数存在することでしょう。
自分の性格や適性、職場で目指すものによって最適な人間関係を構築できると良いですね。